任意整理メリットデメリット

多重債務者の方は、借金を整理しようと決意しようにもなかなか任意整理には、抵抗があるのではないでしょうか?
家族や会社にばれるのではないのだろうか、ローンが組めなくなると今後生活に支障をきたすのではないだろうか?
そんな方のために今回は、任意整理のメリットデメリットを考えてみました。

まず一般的に考えられるメリット

1.督促が止まる
弁護士に依頼し介入通知が債権者へ届き次第、借主側への返済要求が禁止される。
2.利息がなくなる
弁護士が和解交渉を行う。
3.元金が減る
利息制限法による引きなおし。最初に借りた当時にさかのぼり利息制限法で定められた金利に計算しなおし元金の減額を弁護士が債権者側に要求する。
4.返済は、何社であろうと弁護士の用意した口座へだけ送金すればよい
逆に勝手に特定業者へ返済してしまうと弁護士が辞任することだってありうる。
5.裁判所を使わないため信用の回復が他の方法より早い。
(例外あり)
6.家族や会社にばれない方法でもある。
調子こくとばれる

一般的に考えられるデリット

1.弁護士への相談料、着手金、和解報奨金などお金がかかる。
これは弁護士によって値段が違います。
2.信用機関へ登録されるため約5年から7年の間ローンが組めない。
(住宅ローンを組めたという情報もあるが・・・・・・)
3.弁護士を探すのに苦労する
悪徳弁護士が多いらしい本当に気をつけたほうがよい。

などがあげられるでしょうか。

他に考えられるメリット

1.気持ちが楽になる
返済のめどが立つため気持ちが楽になる。
2.無理のない返済方法
無理のない返済が出来るため貯金などお金を有効に使える。
3.堂々と愛の告白が出来る
多重債務じゃ幸せにするよとは、言えないもんな・・・・・まずお前が不幸せだよ!と突っ込まれちゃうよ。


他に考えられるデメリット

1.気持ちが楽になる
返済のめどが立つため気持ちが楽になりキャバクラへ行っちゃう。
2.無理のない返済
無理のない返済が出来るためキャバクラへ行っちゃう

などがあげられるでしょうか。

メリットデメリットを熟慮した上で行動しましょう。ここにあげたのは考えられる例であり、すべてではありません。


TOPへもどる

当サイト借金コンテンツ
SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO