私が多重債務に陥った経緯

実を言うと借りた日なんてのはまったく覚えておりません。
たしか18歳。
後に3社から借りることになるのだが、どこの会社が初めてなのか、どこの支店で借りたのかすら覚えていない状況なのです。
まったく、いい加減な男です。
借りたきっかけは、家庭の事情で実家から出なければいけない状況に追い込まれ、一人暮らしするためのアパートを借りるための引越し資金でした
もちろん仕事は、していたためそれごときの出費では、借金が170万円まで膨れ上がるはずがありません。

投資を始めたのはこの頃でした。
当時18歳の僕にはとても魅力のある投資方法でした。
キャバクラ投資です。
これは、当時の僕にとって画期的な投資方法で1時間5000円の投資で女の子と一緒にお酒が飲める!なんてすばらしいシステムなんだ!
と、投資手腕を働かせる毎日でありました。
元々金遣いの荒い遺伝子を持つ私です。そりゃ〜のめり込みました。給料のほとんどはキャバクラに消えていったのです・・・・・
給料をもらって2,3日ですべて使い切るのですから飯食う金すらありません。家賃も払えず夜遅く遊んで帰ると大家にかぎを付け替えられてたことも何度かありました。
ダメ男の典型的なパターンですね。
気づいた頃には、大変な含み損を抱えておりました。
光熱費、家賃など払える金はありませぬ。金がなければ借りる。又これがナイスなタイミングで限度額があがっていくんですよ。
5万から10万。
10万から30万と・・・・・・
「まだこんなに使えるよ〜」
馬鹿の限度額も上がっていきました。

その時点で借金の額が90万円にもなっておりました。
「そろそろ、やばいな・・・・・・」
と思いつつも遊ぶ勢いはとどまることを知りません。
そのうえあれも欲しいこれも欲しい病ですので、車や楽器、電化製品にアブトロニック。
もう、完全に浮かれておりました。一人サンバカーニバル状態です。

もうやばい、もうやばい、そう思いつつも車をレンタルビデオ屋さんの前で盗まれ、その後買った車は、故障し廃車。
当然どんどん深みにはまって行き、この状況に陥ったわけです。

幸運だったのは、まじめに仕事をしていた事と家庭環境がよろしくないため金融会社があまりお金を貸してくれなかった事、遅まきながら「未来危うし」と気付いた事です。



TOPへもどる

当サイト借金コンテンツ
SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO